MENU
カテゴリー

京都川床 いつからいつまで? 鴨川・貴船・高雄おすすめ店も紹介

京都川床 いつからいつまで / 京都グルメガイド

京都の夏の風物詩といえば, 「京都川床 ( かわゆか ) 」。

京都の川床は夏の暑いときにやっているのは知っているけれど, いつからいつまで開催しているのか知らない人もいるのではないでしょうか。

目次 

京都川床 いつからいつまで?

通常、京都の川床は5月1日~9月30日まで開催されます。

ただし、2023年の鴨川納涼床は10月31日まで延長されました。

お客さんや加盟店から要望があったみたい。2023年は暑かったから10月でも大丈夫だった。

※現時点では2024年が10月31日まで延長されるかは不明。今までは開催期間中に決定の場合が多い。

そして、5月と9月はお昼に川床を楽しめるお店も。

夜とはまた違った”爽やかな雰囲気”を味わうことができます。

また、高雄の「川床 ( かわどこ )」は11月まで開催。

紅葉に染まりゆく山々を観ながら川床で食事をすることができます。

鴨川納涼床

現時点での「 鴨川納涼床 」の2024年の開催期間は, 5月1日~9月30日。ただし、2023年、2022年は10月31日まで延長されました。

南は五条通辺りから北は二条通辺りまでの禊川 ( みそそぎがわ 鴨川のすぐ西横を流れる人工の川 ) の上に組み立てられたテラスの上で食事をするのが鴨川納涼床。

鴨川納涼床4つのエリア ( 南から )

・下木屋町 ( しもきやまち ) : 木屋町通五条 ~ 木屋町通団栗 ( 団栗橋 )
・西石垣 ( にしいしがき ) : 西石垣通 ( 四条通から始まる木屋町通の東隣の通り )
・先斗町 ( ぽんとちょう ) : 先斗町の東側 ( 鴨川側 )
・上木屋町 ( かみきやまち ) : 三条木屋町 ~ 二条木屋町

京都川床は ? と聞かれて, 一番最初に思い浮かべるのは「鴨川納涼床」じゃないでしょうか。

京都らしい風情のある食事スタイルは京都の夏の風物詩です。

鴨川納涼床 下木屋町おすすめのお店

木屋町通五条辺りから木屋町通四条下ルの団栗橋までが「下木屋町 ( しもきやまち )」。

大人の雰囲気が漂うエリアです。

コメント

コメントする

コメントは日本語で入力してください。(スパム対策)

CAPTCHA

目次